速読のやり方

速読のやり方はいろいろありますが、基本的には、絵を見るように文字を読む方法です。一文字一文字をみながら読むのが普通の方法ですが、速読は、決して一文字一文字を見ながら読みません。「大雑把に読む」のです。ですので、飛ばす箇所も多々あります。主流となっている速読のやり方は、目次を読む→本文を読み始める→もう一度読む、という流れです。もちろん、一度読んだだけで内容を理解すればもう一度読む必要はありません。

もう一度読む場合は、最初から読むのではなく、理解が浅い部分を見返す程度の場合もあります。まず、最初に目次を読むことで、その本の内容がどんなものなのかだいたい想像がつきます。すると、おのずとどのような点に着目して、その本を読めばよいのか決まってきます。そして読み終わったときに、内容理解が浅い部分があれば再度その部分を返し読みすればよいのです。速読のやり方はわかっていても、最初からスムーズにはいきません。速読トレーニングをしていてもスピードがなかなか速くならない場合もありますし、読むスピードが早くても内容理解ができない場合もあります。また、中には速読ができる人でも、速読法は楽しくないとして、普通に読む人もいるのです。

膨大な資料を読むときなどには速読のやり方を覚えていると、仕事もスムーズに運びます。一方、好きな本をじっくり読みたいときには、速読法を使わずに普通に読むという風に切り替えも大切ですね。


他の本ではまったく効果がなかった私でも、
わずか12日で効果を実感できました!

独学で速読が身についた秘密の方法

独自ドメインとは