特許を取得したジニアス速読術

ジニアス速読術は特許を取得しています。なんと、英語版はアメリカ国内で、速読教材のシェアがダントツトップなのです。ジニアス速読術のウリは、読むスピードだけではなく、情報処理スピードも向上するという点です。

ジニアス速読術で速読トレーニングをすると、今まで一時間かけて読んでいた本をたったの6分で読めるようになるのです。しかし、ただ早く読めるだけでは意味がありません。読んだ内容をしっかりと把握してこそ、「読んだ」ということになるのです。ジニアス速読術は、情報処理力向上にも重点をおいているので、安心してトレーニングすることができますね。

トレーニングの内容は、とにかく速読をマスタすること、そして情報を一瞬で処理する能力を身に付けることができます。速読は、通常一分間に400文字から700文字をされているスピードを、7000文字を読めるようにします。通常の約10倍です。この方法を身に付けると、難しい参考書もすらすらと覚えることができますし、大量の仕事の資料も短時間で把握できるようになります。特に受験を控えている学生には、早いうちからのトレーニングをお勧めします。受験間近になってからでは遅いので、できれば高校一年生のうちに取り組んでみてください。教科書の内容はもちろん、参考書から文献にいたるまで、かならず勉強の役に立ちます。限られた時間の中では、情報処理能力が優れている人が自分の時間を有効に使うことができるでしょう。


他の本ではまったく効果がなかった私でも、
わずか12日で効果を実感できました!

独学で速読が身についた秘密の方法

独自ドメインとは