速読と視力の関係

速読のトレーニングには視力が必要になります。トレーニング内容は、やはり目を使います。平面にあるものを立体的に見るトレーニングや、目をすばやく動かしたり、一点を集中して見て視野を訓練したりもします。ですので、視力が弱い人、特に手元が見えにくい人はめがねなどを利用しましょう。基本的に速読のトレーニングは長時間行いませんので、何時間も細かいものを見たりすることはありませんが、スクールなどでは70分の授業の中でトレーニングを行いますので、視力にあっためがねを装用しなければ、頭痛や肩こりの原因にもなります。

昔から、本を読みすぎると目を悪くすると言われていますが、近年ではあまりそのような傾向はなく、正しい姿勢、正しい明るさ、本との距離で読書をすれば、視力との因果関係はないとされているのです。しかし、ゲーム機やパソコンなども日常的に使用している中で、何が原因で視力が悪くなったのかは、解明されないことがほとんどです。

速読を行うときにも、暗いところで文字をみることはせずに、適切な明るさのある部屋で行いましょう。また、めがねは視力にあったものをえらびましょう。速読の訓練の中に、目の筋肉を動かすトレーニングがある場合がありますが、これは一部では視力回復にも役立つとされています。実際に視力が回復している例もありますが、それを目的として速読を行うことはお勧めしません。


他の本ではまったく効果がなかった私でも、
わずか12日で効果を実感できました!

独学で速読が身についた秘密の方法

独自ドメインとは