英語にも速読は応用できる

英語速読法は、英語の試験問題の長文読解に役立ちます。学生の中で、英語の長文が苦手な人は多いものです。その理由の一つとして、「理解できない」という声が多数あがります。わからない単語も出てきますし、科学や生物のことを扱った内容のものもあります。常に親しみやすい会話分ばかりではありませんし、日常生活のことばかりの内容ではないのです。特に知らない単語が3つ4つ出てくると、もともと長文を苦手としている学生は、あきらめモードに入ります。一気にやる気をなくしてしまうのです。しかし、それは間違いです。

長文読解は、すべての単語の意味をしらなくても解けるものであり、長文内容の理解は6割で十分なのです。まず、英文を速読するためには、完璧に和訳しようとしないことです。さきほどのように、約6割程度、なんとなくどんな内容なのかわかればOKなのです。また、練習問題として挑む場合には、できるだけ知っている内容のものや、予備知識のある文章を選びます。もしも手元にそのような長文が無い場合には、解答の和訳を読んでからでもかまいません。解答を先に読むなんてとんでもないと思われるかもしれませんが、これは非常に有効です。

一通り問題を解き終わったら、また和訳を読み、問題を解く、これをさらに繰り返します。そして、とにかく長文を多読することです。たくさんの英文を読むことが長文理解への第一歩なのです。


他の本ではまったく効果がなかった私でも、
わずか12日で効果を実感できました!

独学で速読が身についた秘密の方法

独自ドメインとは