独学で速読をマスターする方法

速読を独学で習得することは可能です。速読をマスターするためには、視野を広げること、読むスピードを速めること、目の動かし方、情報処理能力、情報を読み取る能力などが必要になります。そして重要なのは、短期間で速読をマスターしようと思わないことです。ましてや独学ですので、それなりに回り道も必要になってきますので、スクールに通うよりも長期間になることが前提です。そして、トレーニングの方法も、長時間行うものではありません。

いざマスターしようと、一念発起して何時間もトレーニングを行い、次の日はまったく行わないなど、トレーニング時間にムラがあってはいけません。また、長時間行ったからといって、能力が飛躍的に伸びるということはありません。毎日10分でも、必ずトレーニングをすることで、着実に速読できる状態になっていくのです。

実際のトレーニングは、紙に書いてあるものを立体的に見る方法です。これは目の位置を変えることで、平面に書いてあるものを立体的に見るトレーニングです。次に、視野を広げるトレーニングです。視野検査で行われる方法と同じで、一点を見つめたまま、まわりのものを見るのです。速読では文字を見ますので、一点を見つめたまま、そのまわりの文字を読むという訓練です。次に目を高速に動かす訓練です。これは、例えばジグザグの線を高速で目で追います。これは文字をすばやく読み取る訓練になります。


他の本ではまったく効果がなかった私でも、
わずか12日で効果を実感できました!

独学で速読が身についた秘密の方法

独自ドメインとは